バイアグラの副作用と禁忌事項

バイアグラの主な副作用は、顔のほてり、目の充血、頭痛などです。これらはバイアグラの血管拡張作用によるものです。
但し、症状は軽微で、また一時的です。体内のバイアグラ成分の減少と共に、2~3時間もすれば自然に治まります。

重い副作用としては、めったにありませんが、他のお薬との併用による急激な血圧低下がよく知られています。特に、狭心症の治療に用いられる硝酸剤や不整脈の治療に用いられる抗不整脈薬とバイアグラの併用は禁止事項です。

また少数例ですが、持続勃起症も海外では報告されています。4時間以上勃起が続く症状がある場合は、すぐに医師の診断を受ける必要があります。副作用のリスクを小さくするには、1日の用量を必ず守らなければなりません。

海外では1日の服用量上限は100mgですが、日本国内では50mgが上限です。海外品の100mg錠を用いる場合は、ピルカッターで1/2に分割して服用します。

また、常時服用しているお薬がある場合は、併用禁忌薬に該当していないかどうかを医師に相談し事前にしっかり調べることも重要です。
バイアグラの服用に関心があるけど不安があるという方は、医師に相談することもそうですが、薬の構造についてある程度知っておく事も大事です。私の地元である三重のバイアグラ情報サイトでは、その辺りについて分かり易く紹介していますので、ぜひ参考にして貰えたらと思います。
バイアグラは危険な薬というイメージをお持ちの方も作用のメカニズムさえ分かれば安心してご利用いただけるはずです。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ