今流行のアイスバケツについて

最近よく目にするのが「アイスバケツチャレンジ」
これっていったいなんだろうと?と思って調べてみると、筋委縮性側索硬化症(ALS)の支援のために、セレブや芸能人の間で、指名された人は頭から氷水のバケツをかぶるか、
100ドルを寄付するか、そして次にチャレンジする2人~3人を指名するというものらしいです。
ほとんどの人が、指名されるとチャレンジをして、そして寄付もするというのだそうです。
私としては、はじめて聞いたときには、面白いイベントだな、と単純に思いましたが、あるタレントさんは、チャレンジをしないと言ったそうです。
難病と指定されている病は、そしてそれで苦しんでいる人はもっとたくさんいる、と。
その病気だけに特化しているのは自分の本意ではないと。
なるほどなぁ~と感心しました。
これが、いわゆる自分の意見というやつなのですね。
正しいか正しくないか、巻かれるか巻かれないか、という点でいろいろな判断をされるかと思います。
けれど、それを恐れずに、自分の意見として自分の見解をきちんと述べられるというのは
本当に素晴らしい事だと思いました。
私はよく迷います。
いろいろな事で、本当に些細な事でもです。
例えば、外食をする時に、どこへ行こうかという事だったり、そしていざ場所が決まると、そこで食べるメニューで迷ったり。
そんな些細な事で迷い悩むのですから、人生を決めるような大きな事ではもっともっと悩んでしまいます。
そして意見を言う時にも、人の目を気にしたり、気を遣ったりしてなかなか自分の思うような事をきちんと言えないでいます。
これからはもういい年をしているのだから、自分というものをしっかり持って、キチンと自分の意見を言えるようにしなければ・・・と思ったりします。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ