楽しめることが健康への一番の近道

私は学生時代を含め、運動を極めたことがありません。
部活動は全て文化部で、運動と言えば、体育でやる程度でした。
生活の中に運動と言う文字はなく、縁のないものでした。
そんな私が健康を気にし始めたのが35歳を過ぎた頃でした。
年々体が弱くなり、子供が風邪を引いても、絶対にうつらず、風邪一つひかなかった私が、年中風邪をひくようになってしまったのです。
子供の看病のたびに私もダウンして家族に迷惑をかける、その繰り返しだったのです。
健康そのものだった私の変化に、夫も体を鍛えるように言うようになりました。

そこで心機一転、運動とは無縁の私は、体を鍛えるといえばジムだ!と、ジムに通うことにしました。
運動できる洋服を用意し、靴も購入。準備万端で始めました。
が…しかし…運動嫌いの私が、真面目にできるはずもなく…。
段々と今日は寒いから、今日は暑いから、疲れているから、と、理由をつけては運動日は減っていきました。
そこで今度は回数制のヨガに通いました。一番始めにお金を払うので、もったいないから、と、最後まで通うと思ったからです。
これは大成功でした。途中で嫌になっても、支払いが終わっているので頑張って通うことができました。
でも、終わってみると、楽しくない思い出だけでした。

もう私には運動ができないと思いました。

そんな私にチャンスがやって来ました。
お友達が硬式テニスをやっていて、一緒にやらない?と、誘ってくれたのです。
私は学生時代に授業でやったことがある程度です。
おそるおそる、お友達についていき、体験をしてみました。
そして初めての1球目。
スポーンと打った瞬間、体の中から何とも言えない幸福感が駆け巡りました。
1球、2球、3球…打つたびに、嬉しさで心が一杯になりました。
あの日からはや3年が経ちます。
運動嫌いだった私が、楽しいスポーツに出会えたことで、楽しく運動することができています。
お陰で、体重も5キロ減りましたし、風邪も引かなくなりました。

健康のためとは言え、楽しさがなければ続きません。
これから運動しようと思っている方、ぜひ、楽しめる運動を探してください。
私はテニスに出会えたことで、心も体も健康になれました。今ではテニスが生活の一部となっています。
楽しく健康になれたら、最高ではありませんか。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ